2013年1月16日水曜日

LAPANCIA  測定依頼(広島県・太刀魚・土壌)



吉祥寺にある 「イタリア食堂 LAPANCIA」さん からの 測定依頼

都内の土壌測定も やっています  結果などは ラパンチャさんのブログを・・・

          http://lapalog.blogspot.jp/


上・ 広島産の天然物の 太刀魚

下・ 広島県倉重地区の土壌




吉祥寺のラパンチャさん ベクレルフリーをモットーに頑張って居られます

ヤマキファームも 全力で 協力していきたいと 思います


そんな ラパンチャのオーナーシェフ・山村さん

チョッパー乗りで 腕には 「食いしん坊」マーク とても料理人には 見えません  
(私も百姓には とても見えないと よく言われますが・・・)

が  お料理は 「メチャおいしく 幸せな気分に させてくれる・・・」

そんな お味です!     また 食べに行きたい・・・。


検体と共に 上の画像にある ステキなMAGAZINEなど いつも有難うございます。



さて 広島産の太刀魚  保冷剤と共に 来たので 半日以上掛けて 室温にしてから

測定!  10時間測定で セシウム合計の検出下限値・1,89Bq/kg で

きれいに ND となりました。




2検体目は 広島県倉重地区の土壌

ラパンチャさんは 奥様の御実家のある 広島からも 食材を取り寄せています

その 広島県倉重地区の土壌 下の結果には

セシウム合計で 37,6Bq/kgと なっていますが

セシウム137は ND で

セシウム134が 37,6Bq/kg

半減期がセシウム137より短いセシウム134だけ 検出されると言う事は 有り得ない

I-131(ヨウ素)も 52,9Bq/kg検出 これも 今は 有り得ない

では なぜ?

天然核種の K-40(カリウム)が 949Bq/kgと非常に高く

その他の 天然核種(Pb-214・Bi-214・Ac-228)も多く検出されている

結果表の下の方の 「スペクトル解析結果」を見ると
(スペクトル=結果表の真ん中のグラフの様な物)

「サーチドピーク」=エネルギーのピークが見えてますよ!の欄に 

セシウム(Cs-137・Cs-134)は 無い

「否サーチドピーク」=エネルギーのピークは見えてませんよ!の所に

セシウム(Cs-137・Cs-134)が あります

ですので  この測定結果のスペクトルや解析を見て総合的に判断をすると

I-131・Cs-134の検出は 多くの天然各種の影響を受けての誤検出で

この 土壌の セシウム・ヨウ素の 汚染は無いと 私は判断します。







* 文章を書くのが苦手で・・・・
               上記の説明で分からない方は電話して頂ければ説明します。