2012年4月27日金曜日

たけのこ 土壌比較 検査結果



先日 測定をした、たけのこを収穫した自宅・裏山(竹林)の土壌の比較測定をしました。



前回のたけのこが生えていた所(表面~40cm)の結果は 約75Bq

日当たりが良く 風通しも良い場所のたけのこ(16Bq)でした

上の画像の少し左側で収穫しました






上の画像の場所の土壌を落ち葉をどけて 表面~4cmまでを採取

測定結果  259Bq  







最初の画像の場所から山中へ10m程入った所が 上の画像です

ここは 日当たりが悪く 風通しも良くありません

落ち葉の層も 日当たりの良い場所と比べると 3倍程あります

その 落ち葉をどけて 土壌を採取(表面~4cm)

192Bq検出

日当たりの良い場所と比べると 67Bqの差があります

その場所の環境の違い・落ち葉層の違い等の影響で差がでるのでしょうか



この 2か所の土壌を採取した場所は原発事故後 殆ど人が入っていません

事故後 ほぼ 自然のまま 1年以上が経過した場所です



土壌を採取していると 表面付近まで 竹の細かい根が無数に伸びていました

竹の太い根は深い所にありますがそこから細かい根が地表付近まで伸びている様です



私の家の裏山の状況を測定してみると

259Bq/kgの汚染された土壌から採れた たけのこは 16Bq/kg汚染が出る

約6,2%の移行率

あくまでも 私の裏山の結果です。



日当たりの悪い場所のたけのこも測定してみたいな。