2012年2月19日日曜日

2012.2.17 土壌(中丸圃場)検査結果

                                           「初のAT1320Aによる検査」



座間総合高校の裏にある 畑・中丸圃場(のらぼう菜栽培中)の土壌の検査がでた

予想していたより 汚染が少ない

セシウム合計で  39Bq/kg プラスマイナス6.23Bq/kg

これで 私が作付けをしている畑は全て検査したが 汚染のばらつきがあるのが解る

半径1kmの中で 131Bq/kg~ND(検出限界1Bq/kg)こんなに ばらつきがある。


これからも 継続的に土壌検査をしていきます。



まわりの畑を見ていて

「もしかしたら 今が一番畑の汚染が低いのかもしれない・・・」と思った

まわりの畑では 春作の準備で堆肥を沢山入れている

何も 気にしないで・・・

知人が堆肥の材料にしようとした 桜の木の落ち葉から セシウムが300Bq/kg出た

本当に気を付けないと 畑の汚染をどんどん増やす事になってしまう

生産者は自分の畑の汚染の現状を知るべき

そして この先 何をするべきか ちゃんと考える必要がある

1年や2年で終わる問題では無く 今後何十年と続く事なんだ